忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/25 20:27 |
2分で理解できる レーシック 東京 手術の概要
レーシックが視力回復の方法の最先端だということは、良くわかりましたね。

じゃ、いったいレーシックは目にどのような手術をするのでしょうか?

目の玉の手術と考えると、かなりの恐怖と抵抗みたいなものも有ったりして。

確かに、目はデリケートな部分ですもの、そこを手術するレーシックの内容は気になって当たり前です。

レーシックを簡単に説明すると、こんな感じかなぁ。

レーシックは一言で言えば、近視・遠視・乱視に影響する角膜のカーブを手術により矯正し、視力回復するもの。

レーシック作業の内容は、まず角膜にマイクロケラトームという機器でフラップを作り、フラップを一旦めくる。

次に角膜にレーザーを当て、そのカーブを適切な状態にする。

先にめくっておいたフラップをもとに戻す。

これが、2分で理解できるレーシック手術の概要です!

おすすめPR
姉妹サイト
PR

2007/08/31 08:37 | レーシック 手術
レーシック 東京 は急成長してきた
「目が悪くて、毎日とても不自由している」

もう、そんなことを悩む必要が無くなったレーシック普及の時代がやってきたみたいですね。

アメリカでは1995年頃からレーシックによる効果が話題になり始めたようです。

2005年の段階でのアメリカでのレーシック手術実績は130万件を超えるほどの勢いだそうです。

日本でのレーシックは2000年に本格化されて、まだそれほどの歴史は深くないです。

にも関わらず、ここ数年でレーシックは目を見張る急成長をしています。

レーシックは技術的に見ても、症例数から見ても、術後の成果から見ても、注目の分野です。

今が旬の視力回復方法は、まさにレーシックといったところですね。

眼科の分野では、レーシックは革命的な技術の進歩だと言われているだけのことはあります。

おすすめPR
姉妹サイト

2007/08/31 08:34 | レーシック 東京 医科 大学 病院
レーシック 東京 を知らなかったなんて!
今までレーシックを知らなかった私は、遅れていたかしら?

いやいや、レーシックって言葉自体を知らない人も、まだたくさんいると思います。

おぼろげにレーシックの噂を耳にしただけの人もいるはず。

この機会に、ここまで視力矯正技術が進んでいるということを、みんなが知るべきだとも思う。

簡単に言えばレーシックは手術で近視などを含む視力の悩みを無くしてしまおうっていうものです。

視力が弱いってことは、かなり人生でマイナスのことが多いですよね。

レーシック手術後はメガネやコンタクトの煩わしさから開放される。

道の向こう側から友人に手を振られても誰だか判らないってことも、レーシックで解決できる。

裸眼じゃ生活ができない、朝起きたらまずメガネっていう状態の人には是非オススメのレーシックです。

おすすめPR
姉妹サイト

2007/08/31 08:32 | レーシック 名古屋

| HOME |
忍者ブログ[PR]